Sinequa社がコグニティブ検索のリーダーに選ばれました

米国ニューヨーク州 – 2019年5月29日 – コグニティブ検索・アナリティクスのリーダーと評価されているSinequa社は、“The Forrester Wave™: Cognitive Search, Q2 20191.”でリーダーに選ばれました。

当レポートで、独立系調査会社であるForrester Researchは次のように述べています。「Sinequaはインテリジェンスを増大させます。 Sinequaが目指しているのは、企業における全従業員が、適切な情報に素早くアクセスできる能力を提供することで、組織を”インフォメーション・ドリブン”へと変革をもたらすことです。具体的には、コグニティブ検索テクノロジーを駆使し、知見や洞察を明らかにし、特定分野におけるエキスパートサーチを実現させます。またSinequaは、最新のオープンソースのMLテクノロジーに、独自のNLUテクノロジーを、絶妙なバランスで組み合わせたエンジンを搭載しています。ライフサイエンスや金融サービス、製造業界などの専門分野にも柔軟に対応できるソリューションです。」

Forrester Waveは、顧客が導入選定する際に役立つ、テクノロジー市場のベンダー・製品を調査した報告書です。 このレポートでは、「Current Offering(現行の製品)」や「Strategy(戦略)」、「Market Presence(市場でのプレゼンス)」の3カテゴリで、合計12社のベンダーが評価されていました。 Sinequaは、Current Offeringで情報に対する高度なハンドリング力が、Strategyでは実行能力・ソリューションロードマップ・カスタマーサービス、またMarket Presenceでは市場の認知度と、各カテゴリそれぞれの評価基準において、最高のスコアを獲得しました。

今回の評価を受け、Sinequa社の代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)のAlexandre Bilger氏は、次のように述べています。「我々は、Forresterのレポートでリーダーとして認められたことを光栄に思います。膨大な量のエンタープライズデータを取り込んで分析することで、顧客は状況に即した実用的な情報をタイムリーに引出し、洞察の獲得や意思決定、生産性の向上に繋がります。我々は、優れたプラットフォームと、金融サービスや製造、製薬業界の組織をサポートする能力に自信を持っています。」

さらにレポートでは、「Sinequaの強みはデータコネクターやingestion intelligence(データソースに対するインデックス作成)、intent intelligence(検索に対する的確な回答)、チューニングツールにあります。この高度なコグニティブ検索アプリケーションを導入したお客様は、Sinequaの幅広くて深みのあるingestion intelligenceの性能を理解できることでしょう。」とも述べています。そして「Sinequaの強力なロードマップには、最新のオープンソースAIテクノロジー活用も構想に入っています。」と締めくくっています。

Sinequaプラットフォームは、最近Angular 7を基盤にした、レスポンシブ・ユーザーインターフェース設計フレームワークを通じて、エンドユーザーへ洞察を提示する能力が強化されました。同プラットフォームには、SparkまたはTensorFlowに基づく機械学習モデルが搭載されたため、現在はインデックス作成パイプラインが直接適用できるようになりました。またクエリーや言語に対して、意図・意味の解釈をさらに自動化するための、大幅な新機能が追加されています。

分散展開における全てのコンポーネント間でのインフライト暗号化や、ドキュメントキャッシュを保護するためのインデックス作成時など、更に高度なレベルの暗号化もサポートされるようになりました。Sinequaでは、全社におけるディレクトリへのアクセス権限が変更になると、自動的にデータへのアクセス権限も更新することができます。

レポート「Forrester Wave:Cognitive Search, Q2 2019」は、以下からダウンロードできます。https://go.sinequa.com/forrester-wave-2019.html

1 Forrester Research, Inc., “The Forrester Wave™: Cognitive Search, Q2 2019” by Mike Gualtieri, with Srividya Sridharan and Elizabeth Hoberman.

Sinequa社について

Sinequa社は、主にフォーブス・グローバル2000の企業や政府機関向けに、情報や専門知識、知見を結び付け、組織をインフォメーション・ドリブン型へと導く、AIベースの検索・分析プラットフォームを提供するソフトウェアベンダーです。お客様は、同社が提供するプラットフォームを通じて、意思決定に必要な知見や情報が得られます。それら情報の背景や状況の理解を支援するため、企業に蓄積された膨大な情報を有効活用でき、生産性向上も見込めるようになります。このプラットフォームは、莫大な容量でしかも多様・複雑なデータとコンテンツを保有する、大規模組織のプロジェクト経験を通じて開発されました。

Sinequa社プラットフォームは、お客様の組織をインフォメーション・ドリブン型への変革を支援します。

詳細は、https://www.sinequa.com をご覧ください。

+1Share on LinkedInShare on Twitter

The Heat in the Trend Point: May 13 to May 17

Enterprise Data Warehousing (EDW) has been an important technology for many years. The basis of the need for data storage and management shows little sign of slowing based on several recent articles that we have seen pop up in The Trend Point over the past week.

One article discusses how Hadoop will impact EDW technologies. “The Future of EDW’s with Hadoop on the Horizon” shares the following:

HBase/Hive are all still very IT focused. They need people with lot of expertise in writing MapReduce programs in Java, Pig, and other specialized languages. Business users who actually need the data are not in a position to run ad-hoc queries and analytics easily without involving IT…Most EDW come with pre-built adaptors for various ERP systems and databases. Companies have built complex ETL functions, data marts, analytics and reports on top of these warehouses. It will be extremely expensive, time-consuming and risky to recode that into a new Hadoop environment…

Another article we saw points to this major emphasis on an efficient and intuitive user experience for professionals in any given organization that are not data experts. “Kerns Interview Shines Light on Future of EDW” sources information found on IBM Big Data Hub:

…what should be happening more, is a trend around users, especially the people who don’t know much about data and don’t exactly need to know much about the data but need answers…Any user who doesn’t know anything about the data side should be able to go into their enterprise interface and type ‘regional sales’ and then have a chart pull up. We should not have to ask people to construct queries for everything.

During the Enterprise Data World event that happened about a month ago, Unified Information Access was a topic that Cambridge Semantics presented on. In “Making Sense of Unstructured Data” we saw the following summary:

Cambridge Semantics will present the case for Unified Information Access at this year’s Enterprise Data World event. Addressing hot topics such as data integration, the challenges of effective MDM and SOA, and enterprise information management, Cambridge Semantics founding team members will highlight how Unified Information Access, powered by semantics, can serve as a critical differentiator for enterprise data management initiatives.

What we are seeing is a push for next generation EDW solutions – or rather the next generation of solutions encompassing EDW,Search and semantic tehcnologies. Many companies are interested in a solution that works out-of-the-box and is not IT-dependent, but that still offers plenty of data accessibility and search capabilities. Unified Information Access (UIA) is leading the way in this sector. With the functionality of both traditional EDW mixed with the ability to perform semantic analysis and extraction on unstructured data, this type of technology goes above and beyond traditional enterprise search and data warehousing.

Search and semantic technologies can contribute in two different ways (amongst others): Augment (meta) data that can then be treated by traditional DW analystics. Extend analysis to unstructured data, for example from public information Websites, in order to deliver the reasons behind changes in figures and performance indicators in BI dashboards.

Visualization and analytics become just a short step for analysts to take when they access data through a UIA platform.

Jane Smith, May 22, 2012

Sponsored by ArnoldIT.com, developer of Beyond Search

+1Share on LinkedInShare on Twitter